清水邦浩のブログ

「彼氏がずっとできない自分が情けない…」@ジュテーム清水の恋愛相談#01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おはようございます、清水邦浩です。

新年早々、ジュテーム清水に2016年一発目の婚活相談の依頼がありました。

 
————————————
※ジュテーム清水とは…普段はギター・ウクレレ教室の先生である私の別の顔。

恋愛、婚活に関する相談や講座を行っております。
▪️開催中の講座
暮らしの学校 安城校「 恋愛婚活マーケティング入門」

☆マイナビニュースで取り上げられたこちらの記事もご覧下さい。
■木曜からジュテーム(全10回)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※お問い合わせ、ご依頼はこちらのフォームよりどうぞ。
————————————
 

今回ご相談をいただいたのは30代前半の独身女性(OL)の方。

 

 

「彼氏がずっとできない自分が情けない…」と、彼女は涙を流しながら、これまでの恋愛関係の流れと現在の状況を話してくれました。



話していくうちにわかったことは、彼女は幼少期の体験などの影響からか、セルフイメージをかなり低く見積もってしまう癖があること。

そして、何に対しても「こうしなくちゃいけない」「こうでなければならない」という思いが強いということでした。

 

これは自分に自信が持てなくて苦しんでいることを、そのまんま表と裏から表現しているのですよね。

 

 

自分に自信が持てないというのは全人類の共通の悩みだと思うのですが(たまに違う人もいますけど)、これを克服するには小さくてもいいから何か行動をおこして、小さい成功体験を積んでくしかないんですよね。

 

 

そして、婚活という限定されたシチュエーションで勝率を上げようとするならば、

「どうやればじゃんけんに勝てる確率がアップするのか?」

という方法論を考えることも大事だと思うのですが、

「じゃんけんの回数を1回でも増やす」という方が、人によっては早く勝利につながるのではないかな。

 

 

いろんなことを考えすぎると苦しくなってきて、何も動けなくなってしまう。

っていうか、動く気力さえなくなってくる。

このパターンにハマってしまうと、とっても辛いし悪循環。



こんな時は

「ハードルは低目、かつ、小さいかもしれないけど確実に自分の生活(婚活)に何かしら変化がおきる行動」

からおこすのがいいと思います。

 

 

「え?何それ?」

「ちょっとそれ、教えてよ?」

 

 

すみません、企業秘密ですw

 

 

こういう手法というのは、その時々でトレンドがあります。

手法というのはすぐに陳腐化してしまうので「今はこれがおすすめ」ということしか言えませんが、日頃の情報収集からいくつかネタを持っています。

その中からなるべく彼女にマッチしそうなものを紹介させていただきました。

 

 

 

少し元気になって「がんばってみます!」と帰っていった彼女の後姿をみて、きっと大丈夫だと確信したのでした。

 

応援しています。

Good Luck!

関連記事

youtube(清水VLOG更新中)

instagram

twitter

カテゴリー

アーカイブ

リンク

蒲郡市 清水邦浩ギター・ウクレレ教室

蒲郡市 喫茶スロース