生徒様の本音!!突撃インタビュー#32

清水邦浩ギターウクレレ教室

普段は医療関係のお仕事をされているYさん(28歳 公務員 蒲郡市)。

ジャズギターが大好きで、最近念願のフルアコを手に入れますます練習に熱が入っている様子。そんなYさんに仕事をしながら、どのようにギター練習しているのかお話を伺いました。

(以下、Yさん=Y、清水=清)

 

清:ギターをはじめた頃のことを教えてください。

Y:もともと音楽を聴くのが好きだったので、自分でも演奏してみたいと思い、中学生の時にギターを買ったのですが…。結局弾けるようにならずに1~2ヶ月でやめてしまいました。それからしばらくはギターを放置していたのですが、大学生になった頃もう一度挑戦してみようとギターを再開しました。そして今に至るという感じです。

 

清:教室に来てくださる前はどんな練習をしていたのですか?

Y:教則本やyoutube動画を参考に自分で練習していました。

 

清:自分で練習していて困ったことはありましたか?

Y:一人で練習していると、モチベーションを維持するのがすごく難しかったです。それに、本やyoutube動画などを参考に練習してみても、どこが上手くいっていて、どこが上手くいっていないのか、良いか悪いかの判断が自分ではできなくて困っていました。周りに見てくれる人がいればよかったのですが、そういう人もいなかったので…。それでも自分でがんばって練習すれば、ある程度まではいくのですが…それ以上になるのは難しいし、どうしたらいいかよくわかりませんでした。

 

清:教室に通ってみて、いかがですか?

Y:それまでもジャズに漠然と興味があったのですが、ますます興味を持つようになりました。難しいですけどね。理論のことやスケール、トライアドといった内容はネットや本で調べたりして知識としては知っていたのですが、それをどう習得したらよいかが分かりませんでした。でも教室に通うようになって、清水先生から具体的な練習方法を教えてもらって少しずつ身になってきているのを実感しています。

教室に来て一番変わったのがサイトリーディング(読譜)の重要性に気づいたことです。五線譜を読むということがそこまで重要だとは思ってもいませんでした。練習は面白いものばかりではないですが(笑)確実に身になっているなぁと感じています。

 

清:最後にこのインタビューを読んでいる方にメッセージはありますか?

Y:先生に教えてもらった内容をコツコツ練習していけば、それまでできなかったことが少しずつできるようになっていきます。それで、できるようになると達成感を感じられるようになってきて練習が苦ではなくなってくる。そんなふうに好循環に入ってしまうといいと思います。できなかったことができるようになると楽しいですから。

僕の練習のコツとしては「あまり頑張りすぎないこと」ですかね。がっつり何時間も練習するのではなくて、5分くらいでもいいのでちょこちょこと練習するといいと思います。

 

清:ありがとうございました。

Y:ありがとうございました。

随時生徒募集中!お申込お問い合わせはこちら

この記事を書いた人

清水邦浩ギター・ウクレレ教室
清水邦浩ギター・ウクレレ教室ただいま生徒募集中!!Twitter:@kunihiro427
愛知県岡崎市・蒲郡市にてギター・ウクレレのレッスンを行っております。

当教室は大手のカルチャースクールではありません。厳しいプロ養成所の場でもありません。
友達の家に遊びに行くような、行きつけの喫茶店にコーヒーを飲みに行くような、そんな楽しくて気軽な場所です。
忙しく過ぎていく毎日の中で、少しだけ立ち止まって音楽を楽しむ。
是非あなたも、自分だけの音楽を発見してみてください。

関連記事

アクセス

清水邦浩
ギター・ウクレレ教室

蒲郡教室
〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14
市川ビル 喫茶スロース2階




岡崎教室
〒443-0056
愛知県岡崎市柱曙一丁目


好評発売中!

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ページ上部へ戻る