生徒様の本音!!突撃インタビュー#39

IMG_9479

最近ギターを新調して、やる気も高まっているYさん(38歳 会社員 岡崎市)。

ジャズセッションに参加するのを目標に日夜練習に励んでいるそうです。

そんなYさんに教室やギターについてお話を伺いました。(以下、Yさん=Y、清水=清)

 

清:ギターをはじめたきっかけは何でしたか?

 

Y:もともと私の兄がギターで弾き語りなどをやっていました。

それを見て「ギターっておもしろそうだな」と思い、自分も大学1年の時にギターをはじめました。

とりあえず独学ではじめてはみたのですが、その時はどうやって練習したらいいのかよくわからず結局1〜2年でやめてしまいました。

 

それからしばらくギターには触っていなかったのですが、社会人になってから再びゼロからやり直してみようと思い他の教室に通いはじめました。

その教室では1〜2年ほど基礎的な内容を教えてもらいましたが、それから清水先生の教室に転校することにしました。

 

清:なぜ私の教室に移ってこられたのですか?

 

Y:前の教室は基礎をしっかりやるというカラーの教室でした。その部分は良かったのですが…。はっきり言って楽しくなかったです。来る日も来る日も基礎ばかりで、正直苦痛でした。2年くらいかかってやっとFのコードをやるという感じで、めちゃめちゃ長く感じてしまったんですね。

 

清:そうだったんですね。基礎をしっかりやるというのはいいことだとは思いますが…。しっかりやりすぎて苦痛になってやめてしまったら元も子もないような…。

 

Y:あと、単純に先生とのカラーも合わなかったのでしょうね。

 

清:私の教室に通ってくださるようになっていかがですか?

 

Y:基本的な内容はもちろん、レベルに合わせた応用的なこともやってもらえるので楽しく練習できています。

清水先生の教室に通うようになって、一番大きく変わったのが五線譜が読めるようになったことです。

毎回読譜の練習を少しずつ積み重ねてきた結果だと思います。

 

それに今まではコードを弾くことしかできなかったのに、メロディーを弾いたりアドリブでソロを弾いたりと、練習内容に幅が出てきました。

ジャズの基礎を教わって、少しずつアドリブが弾けるようになってきたのが今は嬉しいです。

総合的な音楽の力がアップしたとのかも?と思います。

ゆくゆくはセッションなんかに参加できるようになりたいです。

 

清:私の教室の特徴って何かありますか?

 

Y:清水先生は完全にほめて伸ばすタイプですね。常にアゲアゲで楽しいです。

 

清:ありがとうございます!

このインタビューを読んでいる方にメッセージをお願いします。

 

Y:ジャズが習える教室ってあまりないと思うので、ジャズとかアドリブとかに興味がある方には清水先生の教室はおすすめだと思います。

あと、他の生徒さんとの交流の機会もたくさんあるのでモチベーションをキープするのにとてもいいですね。

自分のギターに関しては、すぐには上達しないのでコツコツ練習して少しずつ上達するしかないなと思っています。

 

清:ありがとうございました。

Y:ありがとうございました。

随時生徒募集中!お申込お問い合わせはこちら

この記事を書いた人

清水邦浩ギター・ウクレレ教室
清水邦浩ギター・ウクレレ教室ただいま生徒募集中!!Twitter:@kunihiro427
愛知県岡崎市・蒲郡市にてギター・ウクレレのレッスンを行っております。

当教室は大手のカルチャースクールではありません。厳しいプロ養成所の場でもありません。
友達の家に遊びに行くような、行きつけの喫茶店にコーヒーを飲みに行くような、そんな楽しくて気軽な場所です。
忙しく過ぎていく毎日の中で、少しだけ立ち止まって音楽を楽しむ。
是非あなたも、自分だけの音楽を発見してみてください。

関連記事

アクセス

清水邦浩
ギター・ウクレレ教室

蒲郡教室
〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14
市川ビル 喫茶スロース2階




岡崎教室
〒443-0056
愛知県岡崎市柱曙一丁目


好評発売中!

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る