ヤイリギターから連れて帰ってきた子 YF-O CTM

IMG_8830

こんにちは、清水邦浩です。

先ほど自宅から岡崎駅までたった徒歩8分の道のりを歩いたのですが、生命の危機を感じるほど汗が噴き出してきました。

ペットボトルが手放せませんね。

IMG_8318

昨日は岡崎、蒲郡でまるっと一日レッスンでした。

楽しかったです!

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

(人´∀`*)

 

今日は、先日岐阜県可児市のヤイリギターへ行った時につれて帰ってきたギターを紹介します。

—————————————————

ヤイリギターに行った時のブログはこちら↓

ヤイリギターで工場見学@岐阜県可児市 その1

ヤイリギターで工場見学@岐阜県可児市 その2

ヤイリギターから連れて帰ってきた子 YF-O CTM

—————————————————

IMG_8824

 

YF-O CTM 2015

トップがスプルース単板、サイドがローズウッドの合板、バックはローズウッドとメイプルの3ピースになっています。

IMG_8828

カタログやネットで調べたのですが、同じ仕様のモデルがなかなか出てこなかったんですよね。

なのでひょっとしたら型番ちがうかもしれません。

 

スプルーストップ、ローズウッドサイドバックのアコギが欲しいなと思っていたところ、ヤイリギターのショールームでこのギターを発見。

しかもとっても小振りなギターで、体の小さい私にとてもしっくりくるサイズ!

「これだよ、これ!」と鼻息荒げて数本試奏させていただきました。

弾いてみたら、サイズが小さいのにとってもいい音。

数本弾いた中から最も音が気に入った一本を購入しました。

試奏した数本の中には、同じ仕様のギターでサウンドホールの大きさが若干小さいものもありました。

そちらの方がルックス的には好みだったのですが、サウンドホールの大きいものの方が音抜けが良く好きな音だったので、結局はルックスより音をとりました。

サウンドホールの大きさの違いで、音の感じが随分変わるんですね。

 

弾いてて音がとても気持ちいいギターで大変気に入っています。

 

—————————————————

ヤイリギターに行った時のブログはこちら↓

ヤイリギターで工場見学@岐阜県可児市 その1

ヤイリギターで工場見学@岐阜県可児市 その2

ヤイリギターから連れて帰ってきた子 YF-O CTM

—————————————————

この記事を書いた人

清水 邦浩
清水 邦浩ギター・ウクレレ、音楽の楽しさをお伝えしています!Twitter:@kunihiro427
1978年4月27日生まれ。愛知県蒲郡市出身。10歳よりクラシックギターを始める。その後エレクトリックギターに転向。
南山大学卒業後、医療関連企業に営業職として就職するもわずか1年で挫折、退社。その後単身渡米。L.A.Music Academy(現LA college of music )にて、ギター、作曲、編曲を学ぶ。グラミー賞ギタリストのフランク・ギャンバレ等に師事。
2004年同校を卒業。帰国後「清水邦浩ギター・ウクレレ教室」をスタート。
現在は、蒲郡と岡崎で教室を開校中。
2010年「喫茶スロース」を蒲郡教室に併設オープン
現在、「暮らしの学校(岡崎市)」にてウクレレ、ギターのグループレッスン講師も担当させていただいております。

メディア掲載記事
東洋経済オンライン  2013.02.08
今週の愛知県人
マイナビニュース  2015.06.04
木曜からジュテーム
BUAISO(ブアイソー) No.72号  2016.03.09
その手があったか! 脱サラ起業家たちの【マッチ&ニッチ商売論】ギター+好きなこと=「町の文化人」が集まるギター教室

関連記事

アクセス

清水邦浩
ギター・ウクレレ教室

蒲郡教室
〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14
市川ビル 喫茶スロース2階




岡崎教室
〒443-0056
愛知県岡崎市柱曙一丁目


好評発売中!

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る