生徒様の本音!!突撃インタビュー#42

img_8315

現在大学4年生、学校では英語を学んでいるというTさん(22歳 大学生 蒲郡市) 将来は英語を使う仕事もいいけれど、ギターの先生にも興味があるのだとか!そんなTさんに教室やギターのことなどを伺いました。(以下、 Tさん=T、清水=清)

 

清:Tくんは最初9年前、中学生だった時にうちの教室に来てくれたよね。

 

T:そうです。最初に清水先生の教室に通いだしたのが中1の時でした。当時はだんだん部活が忙しくなっていって、結局1年くらいで教室をやめてしまいました。それからしばらく間が空いたのですが、高3になってからまた先生の教室に通い出しました。

 

清:なんで復帰しようと思ったの?

 

T:ちょうど高3の時で、進路について考えていました。将来何がやりたいかと考えた時にギターの先生になるのもいいなと 思ったんです。清水先生の影響もあるんですけどね(笑)。それで、もう1度先生の教室に通って勉強しようと思ったんです。

 

清:え〜っ!?そうなんだ!驚きだね〜。そもそもギターを始めたきっかけは?

 

T:父から「ギターやってみる?」と冗談で聞かれたのを僕が本気にしちゃって…。そんな流れでギターをはじめることになりました。父はもともとエレキギターをやっていたことがあったみたいで、キャロルとか好きだったみたいです。当時、家にはギターがなかったのですが、父がまたギターを弾きたくなり、ギターを買う口実のために僕に勧めたというのが真相のようです(笑)。

 

清:T君のレッスンは「ギターの先生になる」という高い目標 がある分どうしても難しい内容になりがちなんですが、レッスンを楽しめてますか?

 

T:今はコードトーンの勉強をしていますが、かなり難しいです!苦行と言ってもいいくらい(笑)でも、清水先生の授業は オリジナルの教材がたくさんあったりするので、かなり効率よく練習できていると思います。あと、先生がなんでも本音で言ってくれるのも、時には厳しかったりしますが励みになりますね。

 

清:でも3年前を振り返ってみたら今や別人のように弾けるようになってきたよね。ゴールまであと半分のところまでは来たのではないかな?

 

T:そうなんですか!ちょっとやる気が出てきました!ちなみにあと残りの半分はどんな内容なんですか?

 

清:指板の音の位置を完璧に把握すること。スケールやコード、 モードについて理解すること。楽曲の分析や作曲ができること、 などかな。ところで本当にギターの先生になるの?

 

T:いやいや、まだ恥ずかしいですよ。

 

清:じゃ、ここで宣言しよう!

 

T:え!マジですか?

 

清:ここで言ったら願いは必ず叶うよ!

 

T:ええ〜、ではいずれ…。

 

清:いずれっていつ?100年後?

 

T:残り半分の内容を消化したらですかね…。

 

清:がんばってね。

 

清:ありがとうございました。

 

T:ありがとうございました。

この記事を書いた人

清水邦浩ギター・ウクレレ教室
清水邦浩ギター・ウクレレ教室ただいま生徒募集中!!Twitter:@kunihiro427
愛知県岡崎市・蒲郡市にてギター・ウクレレのレッスンを行っております。

当教室は大手のカルチャースクールではありません。厳しいプロ養成所の場でもありません。
友達の家に遊びに行くような、行きつけの喫茶店にコーヒーを飲みに行くような、そんな楽しくて気軽な場所です。
忙しく過ぎていく毎日の中で、少しだけ立ち止まって音楽を楽しむ。
是非あなたも、自分だけの音楽を発見してみてください。

関連記事

アクセス

清水邦浩
ギター・ウクレレ教室

蒲郡教室
〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14
市川ビル 喫茶スロース2階




岡崎教室
〒443-0056
愛知県岡崎市柱曙一丁目


好評発売中!

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る